絵本レビュー:田島征三ののびやかな絵とストーリーが魅力の「つかまえた」

こんにちは!

画家の田村勇太です。

 

今回ご紹介する絵本はこちらです。

 

 

田島征三の「つかまえた」

 

少年が川の大きな魚を捕まえるお話です。

 

文章自体はとても少なく、この絵本の世界観というのは読む側の想像力によって補完されるというような印象を受けます。

なので小さい子は主にこのダイナミックな絵を楽しみながら、

(この本のサイズが大きめなのがミソっぽく感じる)

大人は少ない文章の余白を自分で埋めながら読むのが楽しいんじゃないかと思います。

 

なんといってもこののびのびとした絵が素敵ですよね。

作者の田島征三さん、何かの番組で「絵は上手くなったら終わりだと思ってやっている。」

といった趣旨の発言をされていました。

その思いが顕著に顕れている作品だと思います。(絵の構図自体は抜群にうまいと感じますけど。)

 

 

僕個人の感想としては

説明ったらしい文章が全くないので、読んでいてしんどくない。

ストーリーの解釈が読む側に委ねられているから読まされている感じがしない。

何度も読みたくなる。

 

とても良い絵本だと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です